スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人付き合いは忍耐です。

書く事ないから、自分なりにこれから強くなりそうと思ったカードの紹介。

《賢者の聖杯/Wiseman's Chalice》

通常魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
このターンのエンドフェイズ時、この効果で特殊召喚した
モンスターのコントロールを相手に移す。
また、この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、
シンクロ素材とする事もできない。


エクシーズが出た今、ものすごく強くなるカードの一枚に違いないと思う。現段階ではエクシーズモンスターに種類が多くないためにあんまり見られないが、これからの環境を考えれば、ほぼノーコストの死者蘇生と化すし、ワーム等のデッキにメインから投入しようかと思っているカードでもある。というか普通に悪用できる。最近では剣闘獣のミラーマッチの時にしばしば、サイドに入っているのを見かける。



《金華猫/Kinka-Byo》

スピリットモンスター
星1/闇属性/獣族/攻 400/守 200
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、
自分の墓地に存在するレベル1のモンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、
この効果で特殊召喚したモンスターをゲームから除外する。



レベル1のエクシーズモンスターが登場すればなかなか面白い動きをするに違いない。というかレベル……じゃなくてランク1のエクシーズが出て欲しいと願う。



ガエル/Frog

粋カエル、鬼ガエル、魔知ガエル等、レベル2のモンスターが多く、ランク2のエクシーズモンスターが出しやすい。ガチガチガンテツは弱いと思っていたが、そんな事は無い。自身だけではなく、自軍のモンスターたちをパワーアップさせる効果はとてつもなく強い。ガチガチガンテツを主体としたカエルデッキは本当にガチだった。



《血の代償/Ultimate Offering》

元々、強力なカードだったが、3枚はやり過ぎだと思う。実際にこのカードを回している人のプレイングを見ていたらやってる事が本当におかしいと思った。実際に、代償ガジェが結果を残しているわけだし……。シンクロ、エクシーズ問わず、これから悪用されて行きそうなカードだと思う。




《雷仙人/The Immortal of Thunder》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1500/守1300
リバース:3000ライフポイント回復する。
このカードがフィールド上から墓地に送られた時、
5000ライフポイントを失う


このカードをエクシーズ素材としてランク4のエクシーズモンスターをエクシーズ召喚することでライフロスを回避することができる。召喚が無効にされる状態になるから。少々使いにくいと思うのだが、くず鉄のかかしや光の護封剣等の簡易ロックカードを採用しているデッキならば入るかもしれない。とりあえずは強くなった事は間違いないカード。



エクシーズはチューナーを採用しないデッキにも入るから、トリシューラやゴヨウのようなカードは出て欲しくないと切実に思う。


スポンサーサイト

今までのシーラカンスデッキとの相違点

次の新弾で【浮上】が出るのでプロキシ作って回してみた感想。


クェーサーは入らない。


いや、出せるには出せるのだが、エクストラが圧迫しまくってとてもじゃないけど採用できない。

一番大きな収穫は、メインからなんの負担もなく王宮のお触れを採用できる点だった。今までは黄泉ガエルからの通常召還だったが、【浮上】はガエルたちにも対応しているので難なくリリース要因を揃える事が出来る。むしろ黄泉ガエルよりも粋カエルの方が強く感じているところでもある。

次に、これは当然と言うべきか、強欲で謙虚な壺が採用出来なくなった。というよりも安定性が増しているために必要性がなくなったと言った方が正しいと思う。

先行からシーラを出すことのできるこのデッキにはもはや無用の長物と化している。


採用する魚族

オイスターマイスター。レベル3の魚で戦闘以外で墓地に行った時、トークンを残す。レベルと効果も相まって採用しない手はない。3枚必須のカード。

フィッシュボーグガンナー。レベル1のチューナー。これは正直なところ好みが分かれるところ。俺は3枚採用しているけど、2枚でも動かせるのも事実。とはいえども、2枚以上はほぼ必須カードと化している。

レインボーフィッシュorメタボシャーク。共にレベル4の魚族。効果はたいして強くはないが、レベル4というのがとても素晴らしい。とはいえ採用スペースは1枚くらいだと思う。


竜宮の白タウナギ。レベル4のチューナー。レベルが高くいろいろと悪用できるが、単体では弱く、どうしてもシーラからのリクルートでなければほぼバニラモンスター。今まではミストからのワンキルが出来るモンスターとして重宝していたが、墓地からの特殊召喚がしやすくなった今、抜くべきかな?と少し悩んでいる。


採用する魚はほぼ決まっているのだが………。どういった形にすべきか未だに悩んでいる。お触れを採用して安全にワンキルすべきか。もしくは安定性を取るか……


とにかくやりたい事が多すぎて頭を悩ます。最近は魚の事しか考えていないかもしれない。



新弾のカード……来たこれ!

今までリアルが忙しかったので遊戯に触っていない上に、新弾の情報とかも見ていなかったから分からなかったけど……

【浮上】

通常魔法
自分の墓地に存在するレベル3以下の魚族・海竜族・水族モンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する。



シーラデッキがオワタと思ったけど、来たわ……これは来たわ!!


マジテンションあがってきた!

すごくうれしい!!

今までの構築とかなり変化してしまったが、動きはかなり良くなっている。ハイパー図書館員が最低でも二枚は欲しいかな?

クェーサーも欲しい。先行でシーラがいなくてもクェーサーまでなんく持ってこれる!でもそうすると、流星竜も入れなきゃならないし………

エクストラが圧迫しまくる……。

ただでさえ、フォーミュラは三枚必須なのに……ブラロは確実に抜かなくちゃいけなくなるし……ああ、そうだ。アームズも必要だ!2枚ほど!

入れたいカードが多すぎる!



とにかく、水属性が好きな自分にとってはこれは来た!!





more...

もうゲームはやりたくない……

終わった……


ようやくだ。


仲間たちと三日間、ぶったおしでローテーションを組んで遊戯王のDS2011をやりまくった。



ようやく、カードリストをコンプリートした………



長かった……


もうCPU相手の対戦はこりごりだ……


早く、現実の遊戯王をしたいお……


相当、勘が鈍ってしまってる。



でもこれで試したいデッキとかいろいろ出来る。


とりあえず、自分も確認。忘れないうちに……。

今日、Y君が友達連れて家に遊びに来た。大学生の家に遊びに来る小学生と言うのは何とも言えず、新鮮である。しかし、最近の小学生はパワフルという言葉がよく似合う。俺が小学生だった時、年上の友人のうちに行った時は委縮してしまった記憶がある。

まあ、フレンドリーで楽しかったけど。

それはともかく、そのY君の友人、T君にシーラカンスデッキを作りたいと言われたため、いろいろと基本的な流れを教えた。

これから書く事は、自分の確認のためでもある。なので忘れないうちに記録したいと思う。


Q、シーラカンスからどのように展開するか……。

A、これは相手が何もしないと言う条件の元、行われる一連の流れ。そして俺のデッキのモンスターを使った場合である。


ライフ8000オーバーの組み合わせは以下の通り。


☆オイスター2ボーグ1タウナギ1
グング、トリシュ、ギシル (シーラ後のスタート手札0、フォーミュラ1枚消費、総ダメージ8200)
グング、ミスト、ギシル (スタート手札0フォーミュラ1枚消費、総ダメージ8000)
シーラ、ワイバーン、グング (スタート手札0フォーミュラ2枚消費、ライブラリアン1枚消費 ライフが相手より500以上ある事が条件。総ダメージ、ライフ差による。手札アド+2)


シーラカンスデッキの最も理想的な流れだと思う。特にトリシュ、ミスト、グングはモンスターを除去する効果を持っているために非常に使いやすい。



☆オイスター2ボーグ2
シーラ、ブリュ、ギシル (スタート手札0、フォーミュラ2枚消費、総ダメージ8100)
ギガン、アームズ、アームズ、トークン2体 (スタート手札1フォーミュラ0枚、相手フィールドに攻撃力900以上のモンスターがいる事。ライフに余裕がある事。)


手札にタウナギが来た場合の保険の布陣。でもDDクロウを警戒するならば二戦目以降の主流の流れになる。ブリュもまたモンスター除去の効果を持っているために総じて使いやすい。




☆オイスター3ボーグ1
スクラップ、アームズ(スクラップに装備されている)、グング、ライブラリアン(スタート手札2、フォーミュラ3消費、ギシルノドン1消費、総ダメージ8700、手札アド+5。)
スクラップ、グング、ワイバーン(スタート手札2、フォーミュラ3消費、総ダメージ、ライフ差による)
スクドラ、ギシル、ワイバーン(スタート手札1、フォーミュラ2消費、総ダメージ、ライフ差による。)
スクラップ、グング、ライブラリアン(スタート手札1、フォーミュラ3消費、ギシルノドン1枚消費、総ダメージ7700、手札アドバンテージ+5)



一番派手ではあるものの、総じて使いにくい。シーラの効果を使った後、手札が2枚以上必要なため、結局は初手手札が4枚以上必要である。その上、チューナーがボーグ1枚しかないため、月の書、サンブレ、デュアスパ等のフリーチェーンでいなくなったら手札をもう一枚消費する必要性がある。特に月の書はすべての計画を瓦解させてしまう。ライフを8000削るのが容易ならば、手札アドバンテージもあまり必要性がないし……。


しかし、先行でシーラが出せる状態にあるのならば、これはとてもアリ。スクラップをスタダに変えれば、先行スタダ、アームズ、グング、ライブラリアンと手札が5枚になる。それに知っているのと知らないのとでは天と地ほどの差がある。知っておいて損はない、というか、知っていた方がよい。


意外と、先行で出せる状態が多い。

俺が経験した先行シーラの状況は、手札に《鬼ガエル、シーラ、死者蘇生》の三枚のの組み合わせと、鬼ガエル、シーラ、ガエルの名前の付くモンスターor粋カエル。の三枚。

初手にこの三枚があったら、迷わず動くべきである。



☆オイスター1ウナギ1ボーグ2
グング、トリシュorミスト、ボーグ(スタート手札0フォーミュラ0枚消費)
ギガン、アームズ、ライブラリアン(スタート手札0フォーミュラ0消費、手札アド+1、相手フィールドに攻撃力1900以上のモンスターがいてくれたらワンキル出来る。勿論ライフに余裕がある場合だけど……)


出来ればやりたくない布陣。でも手札にオイスターが2枚以上来た場合、最もアドバンテージを稼げるのがこれらだと思う。状況によるけど、ここは前者でアドを稼ぐ事をお勧めする。




☆オイスター3、ウナギ1
グングしか出せない………

ワンキルは絶対に不可能だと思う。ボーグが全部手札、もしくは墓地に行ってしまった場合は仕方がないと諦めるしかない。





これらはライフを8000削る事に特化した布陣のため、相手フィールドの関係上、ワンキルが出来ない時はグング、トリシュ、ミスト、ライブラリアンなどでアドバンテージを取る方に考えを持って行った方が良い。人間、諦めも肝心である。


しかし、作っていて思う。


ライブラリアンが強すぎる……。


レベル4の魚が一体でもいればもっと応用が利く上に、ライブラリアン経由から9枚以上のドローが出来るのだが、いかんせん、魚族のレベル4を採用する事が出来なかった。まあ、ワンキル出来る方法がこんなにあるのならば良いよね?



まあ、基本的な動きはこんな所。



本当は他にももっとあるんだけども、それは自分で開発してみて。デッキの構成が俺とは異なっていたら全然違くなるし……



これはあくまで俺が使っているデッキの基本的な動き。



がんばって、シーラカンスデッキを作ってね。


出来たら対戦しよう。



プロフィール

ファンネル

Author:ファンネル
名前 ファンネル

趣味 遊戯王のデッキ作り

ちょくちょく立川と八王子の店に行きます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。